2012年7月27日金曜日

2012年7月期末運用報告


少し早いですが、2012年7月期末運用報告です。

今月からベンチマークのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとひふみ投信をいれかれました。理由は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが世界経済インデックスファンドと比較してほぼ同じ値動きを示しつつ保有コスト高いためです。ひふみを入れた理由は日本株式アクティブ投信で実績があるファンドだったからです。


主要ベンチマークとマイファンドは、先月比で下記のように推移しました。
マイファンド                            :▲1.86%
ひふみ投信             :▲0.17%
eMAXIS世界株式インデックスF:0.08%
世界経済インデックF               :▲0.17%
ラッセル・GBF安定成長型       :0.13%

各種ベンチマークはほぼ横ばいでしたが、マイファンドは自社株がベンチマークより劣後したことによりアンダーパフォームとなりました。とはいえ、利益の半分は自社株の株価上昇もう半分はその奨励金であり、日本株式はプラスをかろうじてキープ、DC、投信は下記の世界経済インデックスファンド同様に損益分岐点付近をうろうろしている状況が続いています。


日本株は、TOPIXはかなり下落し、自身の景気実感が悪く追加購入に乗り気ではなかったのですが、『日立、英で高速鉄道車両受注と発表 英国に鉄道車両工場も建設 』
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL250GD_V20C12A7000000/
というポジティブニュースに踊らされ翌日ナブテスコ(鉄道車両用ブレーキ強い)を成行で購入したり、キやノンが7%超下落した後ユーロが反発したので次の日にキヤノンを買ったりしてしまいました。たまにこんなノリで取引を行ってしまいまだ若いなぁ~と思います。(笑)



◆今後のファンド運用について
DC/自社株積立は継続。非株式比率を15~50%に保ちながら、基本的にバイ&ホールド。DCは先進国株式インデックスメイン。日本株の分散(S株)投資。米国大型株式(NYダウ)投資。リスクバジェティングを考慮して外国公社債(為替ヘッジあり)投資を行い、ボラティリティを考慮してポートフォリオの短期的なリスク増大に対応することを目論見ます。

◆ファンドの運用成績について
マイファンド損益率
通算:7.99%(前月比▲1.86%)
年初来:8.17%

DC損益率
通算:0.801(前月比0.71%)
年初来:2.80%
年率:0.68%

投資信託損益率
通算:▲0.69%(前月比0.95%)
年初来:6.89%

日本個別株式・ETF損益率
通算:3.34%(前月比▲3.65%)
年初来:6.94%

◆ファンドの資産内容について
円建て:外貨建て = 62:37
株式:非株式 = 83:17



自社株
◆マイファンド日本株式銘柄(比率順)
ナブテスコ(NEW)、日産自動車、日精エーエスビー機械、たけびし、TDK、JXホールディングス、ソフトバンク
・・・ここまでで70%・・・
その他:REIT ETF、キヤノン、三菱商事ハイデイ日高、リソー教育、東京瓦斯、ブリヂストン、近鉄エクスプレス、ブリヂストン、セコム、東京センチュリーリース、アークランドサカモト、パーク24、1stホールディングス



インデックス投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

2012年7月1日日曜日

2012年6月末純資産額


2012年も半分が終了ということで、純資産額のチェックを行いました。

2012年は、DC積立と自社株積立以外は、5月に少し追加投資を行った程度で様子見が続いている状況です。投資するからには、最終的に重要なのは損益額の最大化なので、利益率がプラスの時に投資額を増やすことで損益率は悪化しますが、気にせず少しずつ投資額を追加していきたいと思います。


◆今後のファンド運用について
DC/自社株積立は継続。非株式比率を15~50%に保ちながら、基本的にバイ&ホールド。DCは先進国株式インデックスメイン。日本株の分散(S株)投資。米国大型株式(NYダウ)投資。リスクバジェティングを考慮して外国公社債(為替ヘッジあり)投資を行い、ボラティリティを考慮してポートフォリオの短期的なリスク増大に対応することを目論見ます。



インデックス投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

EMBI+の国別構成比率(推定)

EMBI+の国別構成比率

ツイッターでとあるブロガーさんが探していたので、Funds-i新興国債券為替ヘッジ型の第1回運用報告書から集計し推定してみました。構成国17カ国のうちエクアドルは保有していませんでした。なお、全てドル建ての債券になります。現地通貨建て債券に投資するFunds-i新興国債券とは構成比率、銘柄が異なりますのでご注意ください。

EMBI+に連動しているETFもないよう?なので最新情報を探すのはなかなか難しいようです。しかたなく、普段はEMBの価格と平均最終利回りを見て投資タイミングを伺っています。更新の頻度も高く、iシェアーズの情報公開は本当に素晴らしいです。ETFの純資産額の規模が違いすぎてアレなんですが、国内ETFの運用会社も世界一を目指して頑張って!!

*銘柄名から国を推定してを自力で集計していますの信頼性に劣ります。
  投資は自己責任でお願いします。






インデックス投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

〇〇〇をやれば偉いわけじゃない

〇〇〇は有用なのかを議論をする前に 〇〇〇で何を目指しているのかを考えることは重要です。 〇〇〇をやれば偉いわけじゃないし、やらないと悪いわけじゃない。 〇〇〇をやるということは、×××や△△△と連携して 初めてその力を発揮するものであり、□□□に...