2013年6月1日土曜日

2013年5月期末運用報告

2013年5月期末運用報告です。基準価格は16051円となり高値更新になります。


人気ブログランキングへ

今月は、久しぶりにTOPIXがマイナス(約-2.52%)になりました。
一方、世界株式は+5.53%という高いリターンとなりました。
マイファンドは、日本株式のマイナスをその他の資産でカバーすることで、マイファンドのリターンは、+5.44%となり基準価格および資産額が過去最高になりました。

主な取引としては、日本株式のピークの前後で日本株式や新興国債券、新興国中小型株式を売却して、eMAXISバランス波乗り型へのスイッチングを行いました。
その他取引ではないのですが、自社株の前期の明細が届いたので過去結果を微調整して、今年3月末の配当額を基準価格に反映しました。
今月は、401Kと自社株積立以外の追加資金投入は行いませんでした。


◆パフォーマンスの推移
マイファンド:5.44%

<<ベンチマーク>>
世界経済インデックF:1.87%
ラッセル・GBF安定成長型:-0.03%

<<全世界株式>>
eMAXIS全世界株式インデックスF:5.53%

<<日本株式>>
マイファンド日本株式:-5.59%
DIAM国内株式インデックスF:-2.52%
ひふみ投信:-1.96%
JPMザ・ジャパン:-9.41%

<<マイファンド>>修正ディーツ法
通算リターン:60..61%
年初リターン:24.57%
年率リターン:34.88%
年率リスク :15.71%
シャープレシオ:2.22

上から、JPMザ・ジャパン、マイファンド、ひふみ投信


◆保有資産の推移
通算損益率:55.16%


◆今月の取引
≪DC≫
今月積立:先進国株式100%
≪投資信託≫
買:eMAXISバランス波乗り型、ニッセイ日経225
売:ニッセイ日経225、野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型、野村インデックスファンド・新興国債券 、ネット証券専用ファンドシリーズ 新興国中小型株ファンド
≪日本株式≫
なし

◆今後のファンド運用について
DC/自社株積立は継続。非株式比率を15~50%に保ちながら、大部分はバイ&ホールド。DCは先進国株式と新興国株式メイン。日本株の分散(低位株、S株)投資。米国大型株式(NYダウ)投資。リスクバジェティングを考慮して外国公社債(為替ヘッジあり)投資を行います。また、ボラティリティを考慮してポートフォリオの短期的なリスク増大を抑制することを目論見ます。

◆ファンドの運用成績について(運用開始は2010年10月)
≪DC≫
通算リターン:57.14%
年初リターン:23.00%
*年率リターン:26.25%(運用会社計算、2010年4月基準)

≪投資信託≫
通算リターン:28.98%
年初リターン:12.10%

≪日本個別株式・ETF≫
通算リターン:59.41%
年初リターン:36.16%

◆ファンドのポートフォリオ

◆保有銘柄
《日本株式》
 下記の日本株式銘柄参照
 SBI証券:ニッセイ日経225インデックスファンド
 DC:DIAM国内株式インデックスファンド <DC年金>
《先進国株式クラス》
 DC:DIAM外国株式インデックスファンド <DC年金>
 SBI証券:野村インデックスファンド・外国株式
《新興国株式》
 DC:野村新興国株式インデックスファンド (確定拠出年金向け)
《新興国債券》
 SBI証券:野村インデックスファンド・新興国債券 
《新興国債券 円ヘッジ型》
 SBI証券:野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型

◆日本株式銘柄(損益額順)
ASB機械、パーク24、リソー教育、ビットアイル、カルビー、セブン銀行、ソフトバンク、ブリヂス、トヨタ自、TC-Lease、アークランドサカモト、セコム、ソフトウェアS、みらかHD、DeNA

〇〇〇をやれば偉いわけじゃない

〇〇〇は有用なのかを議論をする前に 〇〇〇で何を目指しているのかを考えることは重要です。 〇〇〇をやれば偉いわけじゃないし、やらないと悪いわけじゃない。 〇〇〇をやるということは、×××や△△△と連携して 初めてその力を発揮するものであり、□□□に...