2015年8月30日日曜日

2015年8月末資産運用報告


金融・投資(全般) ブログランキングへ

2015年8月末の資産運用報告になります。
相場が動いたので運用成績とベンチマークとの比較を確認しておきます。

◆運用成績
基準価額は20368円となりました。
ブログ開始時からの年率リターン約20.39%、年率リスクは15.66%、シャープレシオ約1.30になりました。

◆運用成績:8月単体
8月単体の成績も確認しておきます。
マイファンドの成績はベンチマークおよび参考指数を上回りました。
いくつか日本株式(自社株含む)で上昇している銘柄がある影響や前月の成績が悪い影響です。

マイファンド(全体):-3.94%
マイファンド(DC):-7.32%
世界経済IDX:-6.11%
eMAXIS世界株式IDX:-8.47%
DIAM国内株式:-5.28%
ひふみ投信:-5.09%

◆今期の運用と今後の戦略
NISAで<購入・換金手数料なし> ニッセイTOPIXインデックスファンド<購入・換金手数料なし> ニッセイ外国株式インデックスファンドを購入しました。
DCでは、2Qから株式比率を90%にしており、8月の積立は下落前に株式比率50%にしていました。その後下落があったので買い戻しと合わせて来月には株式比率94%となる見込みです。(DCのスイッチングは1週間程度かかるので来月約定予定)。

引き続きベンチマークと比較して株式比率を高めにして運用を行う予定です。

≪企業型DC≫(運用開始は2010年4月)


◆パフォーマンスの推移
≪マイファンド≫修正ディーツ法
年率リターン   :20.39%
年率リスク      :15.66%
シャープレシオ:1.30

◆保有資産の推移


資産配分


◆全保有銘柄
《無リスク資産》
 DC:DIAM国内債券インデックスファンド<DC年金>
 SBI証券:SBIハイブリッド預金

《日本株式》
 下記の日本株式銘柄参照

《先進国株式クラス》

≪バランス型≫

◆ファンドの位置づけ
1.生活費、生活防衛資金、余裕資金、企業型DCのうち、ファンドは余裕資産と企業型DCを運用するものとする。
  • 生活費:元本保証ですぐに引き出しが可能なもの。
  • 生活防衛資金:元本保証の確度が高くて、数日で引き出しが可能なもの。個人向け国債変動10年をネットで売買できる楽天証券で運用中。
  • 余裕資金:流動性資金と生活防衛資金で生活費2年程度を確保してそれ以外のもの。
◆ファンドの目的
1.余裕資金および企業型DCの中長期的な成長を図ることを目的として運用します。
2.2050年をターゲットイヤー(安定運用開始時期)として運用します。

◆ファンドの特色
1.ベンチマークは、世界経済インデックスファンドとします。
2.投資対象は、世界の株式、公社債、リートをとします。
3.資産配分は、中長期的にベンチマークを上回る成果を目指して決定します。
4.投資手法は、株式投資(持ち株会含む)とインデックス投資です。
5.NISA枠は、優先使用します。

◆モニタリング
1.四半期:リターンのベンチマークとの比較
2.毎年   :リスク・リターン・シャープレシオのベンチマークとの比較

◆投資方針の変更
1.ライフイベントの発生時に適宜行う。
2.制度(投資/税制/年金/持株会の奨励金)の変更時に適宜行う。

投資は自己責任でお願いします。


金融・投資(全般) ブログランキングへ

2015年8月29日土曜日

企業型DCの初回入金利回りが2013年1月以来の20%割れ


金融・投資(全般) ブログランキングへ

私は2010年4月から企業型DCの運用を行っていますが、その初回入金利回り(年率リターン)が2013年1月以来の20%割れしましたので備忘録として記事にしておきたいと思います。

2015年8月28日現在の成績が下記の通りになります。

ベンチマーク参考:わたしのインデックスでの5年リターン(2015年7月から5年)
日本株  :16.8%
先進国株:21.2%
新興国株:8.5%

企業型DCは最初の1年を除き、ほぼ全てをインデックス投信で運用しています。これまでは初回入金来利回り(年率リターン)が20%を超えるという非常に幸運な相場が2年程度続いてきており、この多くの期間を株式比率100%で運用してきました。

しかし最近は運用報告でもあるように株式比率を90%としています。それは今回の中国ショックを予期していたわけでは当然なく、米国の利上げに備えてということになります。ですので今後も株式比率90%を目安に運用していく所存です。

蛇足
新興国株はほんと調子悪いですね。そりゃ販売会社も新興国株なしのバランスファンド出すし、投信ブロガーも買いますね。私も耐えられず13年5月に新興国株をバッサリ減らしています。

2015年8月後半の相場での動き ~2015年前半のネット証券取引履歴~


金融・投資(全般) ブログランキングへ

2015年8月後半相場が動きましたので、久しぶりにやる気を出して、SBI証券にてスポット買いを行いました。

今回の相場でもtwitter等では週末から騒いでましたが、取引は3回になります。また、取引総額も去年10月のエボラショックの時の1/3程度になります。運用開始から5年以上経過しているので、さすがこの程度のスポット購入ではアセットアロケーションの比率自体は崩れていませんが、投資総額は上がるためリスクをとっている額は上昇しました。

さて今回はついでに私が取引をしているSBI証券での今年の取引回数を確認してみました。
取引回数は11回となり、月1で2商品を積立するぐらいの取引ペースでした。
去年は取引回数は36回もあり大分減りました。これは、2014年に日本株式を減らしていることとが主な要因であり、インデックス投資のメリットの一つを実感しています。

補足
・eMAXISバランス波乗り型は、ポーフォリオの達人の賞金で購入
野村の7資産バランス・為替ヘッジ型は積立キャンペーン(2か月連続約定タイプ)で購入。



〇〇〇をやれば偉いわけじゃない

〇〇〇は有用なのかを議論をする前に 〇〇〇で何を目指しているのかを考えることは重要です。 〇〇〇をやれば偉いわけじゃないし、やらないと悪いわけじゃない。 〇〇〇をやるということは、×××や△△△と連携して 初めてその力を発揮するものであり、□□□に...